オリコカード評判~オリコカードの審査は通りやすいの?

UCSカードの魅力とは

読了までの目安時間:約 2分

 


UCSカードは、アピタ・ピアゴでの利用者は、日にちや曜日によって5%オフ等の割引特典があったり、クレジットカード決済で支払えば翌月に1日5%オフ券がゲットできたり、ポイントが倍になったりするので是非所持しておきたいカードです。

 

エディオンやコジマ等の家電量販店やオートバックスやイエローハット等のカー用品店でのお得なサービスでも使えるし、全国各地に450店舗ある宇佐美石油での利用では、灯油・軽油・ガソリンがℓごとに2円オフ、燃料油以外におけるバッテリー・オイル・タイヤなどのカー用品が5%オフなので使えます。

 

普通カードや家族カードであれば、年会費や手数料も無料で作れるので、サブカードとして財布に入れておくと意外と使える場面に遭遇します。

ちなみに、ゴールドカードだと個人で年会費が3240円、家族カードで年間1枚1080円かかります。土日にはサークルKサンクスの利用でもポイントが2倍になります。
UCSカードには、UCSマイメロカードがあり、ピンク色のカードと黒色のカードの2種類の可愛らしいマイメロディが描かれたデザインが魅力的です。

 

どちらか1種類を選択できますが、私はマイメロディとクロミが大きく描かれた黒色のカードのほうがカッコよくてお勧めです。

ポイントを貯めることで、オリジナルのマイメロディグッズが貰えるので、サンリオ好きの女子には人気があります。

 

200円ごとに1ポイント貯まり、1000ポイントから商品券等の交換が可能ですが、オリジナルマイメロディグッズは3000ポイントからの交換になります。

 

クレジットカード独り言   

ライフカードの特徴とは

読了までの目安時間:約 2分

 


ライフカードは海外旅行・国内旅行・ショッピングにおいての付帯保険はありませんが、半永久的に本人でも家族カードでもETCカードでも年会費が無料であり、自分の誕生月にライフカードを利用すれば、ポイントが3倍も付いて貯まりやすいところが魅力的です。

 

ポイントの有効期限が最高で5年と長いので、貯まったポイントを慌てて使わなくても大丈夫です。

ライフカードの基本となるポイント還元率は0、5%と普通ですが、1年間の利用額に応じてポイント還元率をアップさせることができるステージ制度が存在するので、利用額によってはポイント還元率を2倍に跳ね上げることも可能です。

 

スマホや固定電話やパソコンなどの通信費や、国民年金や電気料金や水道料金やガス代などの毎月必ず使うものをクレジットカード払いにすれば、ポイント還元率を2倍にすることは容易です。
年間利用額が50万円に達したところで、500ポイントがボーナスとして付与され、ライフカードを作った年は、1000円に対して還元率0、75%の1、5ポイントが貯まり、ライフカード運営のショッピングモール経由でのお買い物で、最大なんと25倍ものポイントが付与されます。

 

貯まったポイントは、Amazonギフト券・JCB・図書カード・QUOカードなどの商品券や商品と交換ができます。

ライフカードの入会特典として多くのポイントがもらえるキャンペーンが度々開催されているので、そこを狙ってライフカードを作成するとお得です。

 

クレジットカード独り言   

エポスカードの良し悪しとは

読了までの目安時間:約 2分

 


エポスカードはETCカードも含めて年会費が無料とお得であり、最大500万円の海外旅行傷害保険がついており、還元率で言うと、マルイで現金支払いの提示で0、5%・クレジットカード決済で1%・年4回ある「マルコとマルオの七日間」の開催時はマルイで10%オフの還元率・一般店舗で0、5%であり、マルイでよく買い物をする人にとってはありがたい最強カードですが、マルイ以外でもメリットが感じられる持っておいて損はないカードです。

 

 

エポスカードを使ってマルイで買い物をする際、クレジットカード使用時1回・2回・ボーナス決算払いであれば、200円で2ポイント付き、還元率が1、0%であるという計算です。

この場合、1ポイント1円で利用可能となります。マルイ以外で買い物をする際は、1回・ボーナス払いのクレジットカード使用時で、200円で1ポイント付き、還元率が0、5%であるので、この時点でマルイとマルイ以外の差が倍違うことがわかります。

 
エポスカードのデメリット点は、2017年の10月27日の支払いからは、ショッピング1回のみの利用の際に、税抜き1通あたり80円が利用明細書発行料金として必要になります。

 

また、エポスカードはクレジットカードの還元率が0、5%から1%程度であり、高還元率と知名度でテレビコマーシャルでも有名な楽天カード等と比較すれば、還元率が高還元率とは言い難いところがマイナスに感じます。

しかし、2013年の3月の時点では490万人ものエポスカード会員所持者がいるので、便利なのは間違いないと思います。

 

クレジットカード独り言   

三井住友VISAカードの3つのメリット

読了までの目安時間:約 2分

 


クレジットカードはいろいろなカード会社が発行しているので選ぶのに大変ですが、最近では三井住友VISAカードを発行する人が増えてきています。

そこで三井住友VISAカードを発行するとどのようなメリットがあるのか見ていく事にしましょう。

 

・最大手なので安心感がある

 

クレジットカードを発行する時は少なからず不安があるので信用する事が出来るカード会社を選びたい事でしょう。

そこで三井住友VISAカードは世界ナンバーワンシェアで2000万人以上の会員がいます。

 

クレジットカードを発行するカード会社でも最大手なので利用する時の安心感があるのがメリットになります。

クレジットカードを発行する時に選択肢に挙げる人も多いです。

 

 

・海外旅行に行く時のサービスが充実している

 

 

海外旅行に行くと買い物や食事などをする時にクレジットカードで支払いますが、サービス面が充実していないと不安になってしまいます。

しかし三井住友VISAカードは盗難、紛失、不正利用などの保障がしっかりしているので安心感があります。

 

また海外旅行保険も自動付帯しているので海外旅行によく出かける人は持っておきたいクレジットカードになります。

 

・Apple Payに対応している

 

最近ではApple Payが導入されましたが、対応していないクレジットカードが多いのが現状です。

しかし三井住友VISAカードはApple Payに対応しているので利用する事が出来ます。

 

Apple Payを利用したいと考えている人は三井住友VISAカードを発行するのがオススメです。

 

クレジットカード独り言   

マネパカードでビットコインをチャージすれば便利

読了までの目安時間:約 2分

 


今まではスマホを使って支払うかデビットカードで支払うことが基本だったビットコインの支払いですが、マネーパートナーズが発行しているマネパカードでの支払いが可能になりました。

 

 

マネパカードにビットコインをチャージしておけば店舗支払いをする際、自動的に日本円に交換してくれる画期的なシステムになっているので、ビットコイン経由で日本円に交換する手間が省け、海外に出向いた際には外貨での引き落としもできるようになっているため便利になっていますが、そのためにはマネパカードを作成し、ZAIFで手続きを済ます必要があります。

 

マネパカードは日本国内で最安の海外プリペイドカードと言われており、他で海外プリペイドカードを作成するときにかかる経費がかからないのがお得です。

年会費・入会金・チャージ手数料・ショッピング手数料が無料になっています。

 

2017年の4月19日からビットコインによるチャージが可能になったため開始から日が浅く、世間にまだまだ浸透性は低いですが、2016年6月に日本国内でマネパカードが他のことで利用可能になってからの進展は早いため、作成して保有しておいても未来的に損はないと言えるカードだと思います。

 

マネパカードはネットからの申し込みも可能で、15歳以上であれば作成できますが、個人番号カード・マイナンバー通知カード・マイナンバー付き住民票が必要であり、個人番号カードであれば単体でOKですが、それ以外であればそれプラス免許証等の本人確認書類がいるので、パソコンにそれらの写真の保存をしておけば手続きも早いです。

 

クレジットカード独り言   

1 2 3 7